必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着体験談

巨乳の谷間がモロ見えになってしまうこともあった

197:あの頃は若かった 2016/08/24(水) 20:00:00
S4の頃、S1の弟と近所の公園によく遊びに行ってたら、小さなお子様連れの巨乳若奥さんと顔見知りになった。
年齢は知らなかったが、当時S学生の俺がお姉さんって呼んでたぐらいだからたぶん20代前半。

若奥さんは大体いつも胸元がゆるい服を着ていて気になって仕方なかった。
屈んだ時など俺との身長差の関係で、巨乳の谷間がモロ見えになってしまうこともあった
それでも若奥さんは全然気にする素振りなし。
ガキに見られても構わないと思ってたんだろうが、弟はともかく俺はそういうのが気になりだす頃だったからムラムラした。
普通に勃起してたと思う。
…ってことは、若奥さんは俺のズボンの膨らみを見ても平然と谷間を晒してたんだな。
すげーわ。

すぐに手で隠したけど一瞬マン毛が見えた

196:あの頃は若かった 2016/08/23(火) 20:00:00
S4の時に姉(S6)が女の子を2人呼んでお泊り会をやった。
2人とも姉の友達だから前々から知ってたけど、夕方を過ぎても家にいるのは不思議な感じだった。

その日の風呂は女3人だったから、かなりうるさくて近所迷惑だった。
俺も誘われたけど断固として拒否した。

夜になって寝る前にトイレに行ったら、女の子の1人がドアを開けっ放しにして用を足していてびっくりした。
俺に気付くとすぐに手で隠したけど一瞬マン毛が見えた
たぶん自分の家でも開けて用足してたんだろうけど、S6にもなって父親とかに見られたら恥ずかしくないか?
色んな意味でオープンな家族だったんだろうな。

あれは妹ちゃんのトラウマになったんじゃないかな

195:あの頃は若かった 2016/08/22(月) 20:00:00
S6の時、友達んちに5、6人が集まってエロビデオ上映会やった。
最初にエロビデオ持ってきた奴がシコりだして、最終的に全員パンツ脱いでシコった。
俺とかは射精したけどイってもまだ出ない奴もいた。
上映会の途中で友達の2個下の妹ちゃんがノックなしでいきなりドア開けて、チ●ポ丸出しの俺らを見て無言で出て行った。
あれは妹ちゃんのトラウマになったんじゃないかな…。

まるで発情したオス犬です

194:あの頃は若かった 2016/08/21(日) 20:00:00
S5の夏休み、昨今ほどには暑くなかった200×年8月某日。
市民プールで泳いでいた僕と友達に、プールサイドから30代半ばと思しきおばさんが声をかけてきました。
おばさんの顔はよく覚えていませんが(だから美人でもブスでもなかったと思います)、黒いビキニを着ていたことと、乳房の谷間が深くて目が釘付けになったことを覚えています。
「君たち何歳?」、「近所の子?」、「お父さんとお母さんは一緒じゃないの?」など幾つか質問され、僕と友達が○○Sの5年生で2人だけで遊びに来たことを話すと、「おばさんも仲間に入れて」と猫なで声でお願いされました。
能天気な僕らは「別にいいよ」と快諾、おばさんの提案で流れるプールに向かいました。

家族連れで賑わう流れるプールで、僕らはおばさんと鬼ごっこしました。
序盤こそ本気で逃げていましたが、おばさんに捕まった友達が乳房を押し当てられているのを見て羨ましくなり、わざと浮き輪集団の後方へと移動。
逃げ場を失ったふりをして捕まりました。
密着したおばさんの乳房は見た目以上に脂肪たっぷり、マシュマロのように柔らかな感触で、瞬く間に僕の海パンはパンパンに膨らみました。
友達と顔を見合わせると、彼はパッチリした目をぎらつかせ、エロ親父のような笑みを浮かべていました。
きっとこの時、僕も彼と同じ表情をしていたと思います。

おばさんが逃げる役になると鬼役の僕は偶然を装い、乳房やお尻に触りました。
理性を捨て切れなかった僕にはそれが精一杯でしたが、鬼役になった友達は恥も外聞もなくおばさんに抱き付き、彼女の肉厚なお尻や太腿に性器を擦りつけていました。
まるで発情したオス犬です
一応フォローしておくと、友達は僕に比べてがっしりしており陰毛も生えていたので、既に精巣で精子が盛んに作られていて、そのせいで性欲を抑え切れなかったんではないかと。
多分あの時、彼は海パンの内側に射精していたと思います。

友達が抱き付いてもおばさんは怒らず、それどころか嬉しそうにしていました。
女の人がエロいことをされて喜ぶなんて変だと思い、少々怖くなりました。
「そろそろ帰らないとやばくない?」
僕が恐るおそるそう言うと、友達も違和感や不安を抱いていたのか、すんなり同意してくれました。
しかし突然帰るなどと言い出して、おばさんが気を悪くしないか心配でしたが、これまた意外にすんなり僕らを解放してくれました。
更衣室や帰り道では口数が減って、2人で遊んでいた時の楽しい気分はどこかに消え失せてしまいました。

後日、僕らはプールで遊んだおばさんのことを、どちらから言うともなくエロババアと呼んでいました。
そうやって彼女を笑い者にすることで、生々しい性体験の記憶を封じ込めようとしたんです。
なのに結局、オナニーをするようになってから、僕はおばさんの乳房の感触を何度も思い出してしまいました。
おばさんに性器を擦りつけてしまった友達と一緒で、性欲には勝てませんでした。
僕も所詮オス犬だったということですね。

有名なエッチスポットだったそうだ

193:あの頃は若かった 2016/08/20(土) 20:00:00
C1の時、部活の合宿で2年の先輩に告白して初めてキスした。
先輩にリードされて、合宿場の地下に続く階段を降りた先にある扉の前でしたんだけど、抱き合ってる最中に他校のカップルが来て気まずい空気になった。
あとで先輩に聞いたら扉の先は予備の体育用具室で、合宿場を使ったことがあるCK生にとっては有名なエッチスポットだったそうだ
エッチなんてまだ現実感がなかった頃だから、そんな部屋の前でキスしたってことに凄く興奮した。